genpatsuikki: keikaikuiki de tatakaitsuzukeru bekoya no kiroku Tsutomu Harigaya

ISBN:

Published: January 5th 2015

Kindle Edition


Description

genpatsuikki: keikaikuiki de tatakaitsuzukeru bekoya no kiroku  by  Tsutomu Harigaya

genpatsuikki: keikaikuiki de tatakaitsuzukeru bekoya no kiroku by Tsutomu Harigaya
January 5th 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, talking book, mp3, ZIP | | ISBN: | 9.41 Mb

被ばくして売り物にならなくなった家畜を、自身の被ばくを顧みずに守り続けている農家―それが本書の主人公であり、“希望の牧場・ふくしま”プロジェクト代表の吉沢正巳だ。「原発一揆」は吉沢本人の言葉だが、一揆の首謀者は、最終的に打ち首か切腹となるのが世の常。果たして、吉沢が迎える結末は…。[著者]針谷勉(はりがや・つとむ)1974年生まれ、栃木県出身。映像ジャーナリスト。APF通信社所属。ニュース番組のテレビディレクターとして、おもに国内の事件、事故、社会問題などを取材。オウム真理教や、More被ばくして売り物にならなくなった家畜を、自身の被ばくを顧みずに守り続けている農家―それが本書の主人公であり、“希望の牧場・ふくしま”プロジェクト代表の吉沢正巳だ。「原発一揆」は吉沢本人の言葉だが、一揆の首謀者は、最終的に打ち首か切腹となるのが世の常。果たして、吉沢が迎える結末は…。[著者]針谷勉(はりがや・つとむ)1974年生まれ、栃木県出身。映像ジャーナリスト。APF通信社所属。ニュース番組のテレビディレクターとして、おもに国内の事件、事故、社会問題などを取材。オウム真理教や、ビルマで2007年に銃殺された長井健司記者(APF通信社所属)の追悼取材がライフワーク。東日本大震災では、延べ200日以上警戒区域に入り、本書の主人公・吉沢正巳の助手として牛の世話をしながら取材活動を続けている。2012年4月23日から非営利一般社団法人《希望の牧場・ふくしま》の事務局長を務めている。[カメラマン]木野村匡謙(きのむら・まさかね)1972年、東京生まれ。報道写真家。APF通信社所属。事件、事故、災害、社会問題などの調査報道に取り組む。国際交流基金随行でのロシア、日韓文化交流事業での韓国等、海外での取材・撮影も精力的に行う。座右



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "genpatsuikki: keikaikuiki de tatakaitsuzukeru bekoya no kiroku":


zielonymagazyn.pl

©2010-2015 | DMCA | Contact us